CodeCamp(コードキャンプ)の強みやメリットを徹底解説!デメリットはある?

CodeCampの強みやメリット CodeCamp
CodeCampの強みやメリット

CodeCamp(コードキャンプ)の強みやメリットをまとめてみた

CodeCamp(コードキャンプ)は、オンラインに特化したマンツーマン型のプログラミングスクールです。

「利用者の満足度94.6%」「受講者数20,000名突破」と、CodeCamp(コードキャンプ)は確かな評価を獲得しています。

教室への通学が不要ですので、CodeCamp(コードキャンプ)は仕事や学業と両立しながら受講するのは決して難しくありません。

オンラインプログラミングスクールの選び方で迷っている方のために、ここではCodeCamp(コードキャンプ)の強みやメリットを徹底解説していきます。

完全オンラインで個別指導を受けられる

オンラインプログラミングスクールの中には、動画授業オンリーというところがあります。

しかし、CodeCamp(コードキャンプ)は完全オンラインで個別指導を受けられるのが大きなメリットです。

家庭教師のようにマンツーマンでプログラミングの勉強ができますので、CodeCamp(コードキャンプ)は初学者でも安心して利用できますよ。

CodeCamp(コードキャンプ)の授業の進め方は、基本的に次の4ステップです。

㈰ 専用カリキュラムで事前学習を行う
㈪ 課題を作成する
㈫ 講師とレッスンを受講する
㈬ 講師からフィードバックを受ける

CodeCamp(コードキャンプ)のレッスンは、Googleハングアウトのビデオ通話で受講する形になります。

毎日7時〜23時まで開講していますので、仕事終わりにレッスンを受けることも可能です。

豊富なコースやカリキュラムから選択できる

CodeCamp(コードキャンプ)では、下記のように豊富なコースやカリキュラムが用意されています。

CodeCampのコース
  • 全てのレッスンやカリキュラムが受け放題の「プレミアムプラスコース」
  • 自分に必要なものだけを選んで受講できる「プレミアムコース」
  • 未経験からWeb制作をマスターできる「Webマスターコース」
  • 人気の言語を使ってWeb開発ができる「Rubyマスターコース」
  • 基礎から実践までのスキルを習得できる「Javaマスターコース」
  • 一からWebデザインを学べる「デザインマスターコース」
  • スマートフォンアプリの開発を学べる「アプリマスターコース」
  • データ処理で業務効率化を図れる「Pythonデータサイエンスコース」
  • 本格的なWebサイトを作れるようになる「WordPressコース」
  • IT活用をミッションとしている「テクノロジーリテラシー速習コース」
  • 未経験からエンジニアへの転向を目指せる「エンジニア転向コース」

「○○○を学びたい」というあなたの目的や目標でCodeCamp(コードキャンプ)のコースを選べば、失敗することはありません。

※未経験者におすすめのCodeCamp(コードキャンプ)のコースやカリキュラムは、下記のページで紹介しています。

未経験者に人気のCodeCamp(コードキャンプ)のコース
CodeCamp(コードキャンプ)は未経験者でも大丈夫なの? CodeCamp(コードキャンプ)は、オンラインで学習できるプログラミングスクールです。 受講者数は20,000名を突破するほど、CodeCamp(コードキャンプ)は確か...

学習理論に基づいた習熟度の高いメソッドが採用されている

CodeCamp(コードキャンプ)の全てのコースやカリキュラムでは、学習理論に基づいた習熟度の高いメソッドが採用されています。

プログラミング教育専門のラーニングデザイナーが次の3つを意識して学習設計を実施しました。

  • 体系的な知識を身につけられる学習範囲
  • アウトプットを重視した実践的なカリキュラム
  • 受講修了後に活かせる汎用性

CodeCamp(コードキャンプ)の学習メソッドは大手IT企業のエンジニア育成研修で使われたカリキュラムをベースに作成されていますので、実践でも十分に役立てられますね。

自分に合う講師を選んで継続的に学べる

マンツーマンレッスンでは、自分と相性の合わない人が講師になってしまうケースが少なくありません。

この問題点を解決するために、CodeCamp(コードキャンプ)は200人以上の講師から好きな先生を選んで継続的に学べます。

レッスン前に好きな講師を予約するシステムですので、一度受講して合わないと感じたら変更すればOKです。

もちろん、CodeCamp(コードキャンプ)の講師は採用通過率17%をクリアした業界トップクラスの現役エンジニアが務めていますので、きめ細かな指導やアドバイスを受けられます。

講師のクオリティを高めるために、受講生が5段階の評価とメッセージを送信できるシステムが用意されているのもCodeCamp(コードキャンプ)の強みです。

CodeCampの詳細はこちら

チャットサポートの時間が長い

他のオンラインプログラミングスクールと違い、CodeCamp(コードキャンプ)はチャットサポートの時間が非常に長くなっています。

平日でも休日でも、7時〜23時40分までであればチャットでの質問が可能です。

チャットの回数は無制限ですので、CodeCamp(コードキャンプ)で学習すればわからない部分をそのまま放置してしまうことはありません。

CodeCamp(コードキャンプ)にデメリットはあるの?

受講生から確かな評価を獲得しているCodeCamp(コードキャンプ)ですが、次のデメリットがあります。

・完全にオンライン型なので対面で教えてもらうことはできない
・一緒に勉強する受講生同士の交流やコミュニティが少ない
・最短でも2ヵ月コースで、1ヵ月の短期コースは用意されていない
・コースによっては基礎的なスキルが中心で応用スキルの習得が難しい

CodeCamp(コードキャンプ)を利用するに当たり、致命的なデメリットはありません。

しかし、オフライン通学で教えてもらえなかったり短期コースがなかったりといった弊害がありますので、CodeCamp(コードキャンプ)にも向き不向きがあると心得ておきましょう。

まとめ

オンラインプログラミングスクールのCodeCamp(コードキャンプ)のメリットやデメリットについておわかり頂けましたか?

完全にオンラインの個別指導ですので、CodeCamp(コードキャンプ)は仕事で忙しい社会人も地方在住者も利用できますよ。

在籍している講師の質や受講生へのサポートにも拘っていますので、興味がある方は無料体験を受けてみてください。

CodeCampの詳細はこちら

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました