これは危険!選んではいけない転職・就職を斡旋するプログラミングスクールとは!?

これは危険!選んではいけない転職・就職を斡旋するプログラミングスクールとは!? CodeCamp
これは危険!選んではいけない転職・就職を斡旋するプログラミングスクールとは!?

こんなプログラミングスクールを選ぶと失敗する

最近では、ほとんどのプログラミングスクールは法的にもスクールの内容的にも問題のない優良スクールが多いのですが、まれに、選ぶと失敗するようなスクールもあります。
どういうスクールが危険かというと、以下のようなポイントで見分けることができます。

  • ホームページの記載内容が法律に違反している(景品表示法違反など)
  • Webに公開されている内容にも関わらず著作権違反などの言いがかりをつける
  • 解約方法を明記していない
  • 支払や返金に関する情報を公開していない
  • 無料の説明会や無料体験レッスンがない

上記のような注意点に該当するようなプログラミングスクールは受講は控えるべきです。

当サイトでご紹介しているプログラミングスクールは、上記のようなスクールは掲載しておりません。
その他にも、就職や転職におすすめのプログラミングスクールを選ぶ時のポイントや注意点についてもご紹介致します。

社会人が転職のためにプログラミングスクールを選ぶ時のポイント

社会人ともなると時間がないのか一番のネックになります。

転職活動をするだけでも時間が無くなるのに、そのうえスキルアップのためにプログラミングを学ぼうとすると、時間管理と目標設定が重要です。

もともとシステムエンジニアとして働いているのであれば、それまでのコネクションをつかって転職先を見つけることも可能ですが、それでも本業の就業時間以外に面鉄を受けるといった時間が取られるのは、なかなか難しいところがあります。

そこで、社会人が転職のためにプログラミングを学ぶときのスクール選びポイントは以下のとおりです。

学習時間の融通がきくこと

社会人は基本的に朝から夕方までは本業にとられるため、それ以外の時間を有効活用して自分のペースで学習できることが必須となります。

そのため、通学式のスクールではなく、オンラインのプログラミングスクールから選択することになります。
または、オンラインで学びながら、土日やお休みの日に自由にプログラミングスクールの提供しているラウンジなどを利用して質問できる環境であると尚良いでしょう。

特に、未経験からシステムエンジニアに転職しようと考えている場合、同じような仲間とリアルで切磋琢磨できる環境というのは、モチベーションのアップにもつながります。

就職・転職を斡旋してくれるプログラミングスクールであること

最近は増えてきていますが、ただプログラミングを学ぶだけではなく、学習が修了した時点で転職や就職を斡旋してくれるプログラミングスクールがあります。

転職先を探して面談を申し込んで、スキルシートを用意して、企業研究をして、面談を受けて、結果を待って、と転職・就職するには様々なステップを乗り越える必要がありますが、これを自分自身でやろうとすると、社会人でなくてもかなりの労力と時間と精神的なダメージを覚悟しなければなりません。

それを、一手に引き受けて、プログラミングスクールが一定の基準を満たしていると判断した人を有名企業に紹介して斡旋してくれるサービスというのは、社会人にとっては非常にありがたいものです。

短期間にプログラミングが身に付くこと

社会人ともなると、ある程度お金は融通がきくかもしれません。とはいえ、時間がないのが社会人のデメリットです。
そのように時間がない中で、さらにステップアップを図ったり、年収アップのために転職をするとなるとある程度短期でプログラミングスキルを身に着ける必要があります。

専門学校のように2年間のスクールや1年間ともなると、本業にも影響が出てきてしまう可能性もあります。
そのため、可能であれば3か月しっかり学習してスキルを身に着ける方が良いでしょう。

開発実績を転職・就職先に提示できること

プログラミングスクールによっては、決まったテキストに従ってカリキュラムをこなしていくだけのところや、メンターと呼ばれる講師兼サポーターの指示に従って、与えられた課題をこなすだけのプログラミングスクールもあります。

社会人として転職・就職することを目的としている場合は、そのようなインプットばかりのプログラミングスクールよりも、より実践的なアウトプットを形として残せること、つまりは自分の開発したシステムやアプリケーションを企業に見せて評価してもらえるようなところの方が、企業としてもスキルを確認して評価することができるため転職・就職にはおすすめです。

学習期間と費用が適正であること

前述のとおり、短期間にプログラミングが身に付くというのは社会人が学習するうえで重要なポイントですが、それにたいする費用も当然のことながら重要な決め手になります。

プログラミングスクールが増えてきたことで、費用もだいぶ抑えられるようになってきましたが、それでも1ヶ月あたり10万円から30万円ほど、トータルで30万円から80万円位かかるところまで、スクールによってバラツキがあります。

それぞれの価格がなぜそのような設定になっているのか?価格として適正なのか?そのような観点でプログラミングスクールをチェックすることも必要です。

転職・就職に有利なプログラミングスクールを選ぶ時の注意点

プログラミングスクールを選ぶときに注意しておかないと、高い料金を払ったにも関わらず後悔することになります。
そのようなことにならないよう、以下のポイントには注意して撰んで下さい。

転職・就職の条件が設定されていないか?

プログラミングスクールのなかには、転職・就職が決まれば全額返金制度があったり、そもそもスクール料金が無料のところもあります。そのようなスクールは年齢制限や条件が設定されている場合はほとんどです。

無料や返金制度がなくても、転職・就職を斡旋してくれるプログラミングスクールの中には、年齢制限を設けているスクールがあります。

理由としては、転職・就職先の企業と提携しているため、その提携している企業の求めている人材が若い人に限られているということがあるためです。

20代であれば、ほとんどの転職・就職を斡旋してくれるプログラミングスクールでも受け入れてもらえますが、30代になると条件があったりする場合があります。

また40代ともなると、なかなか転職・就職を斡旋してもらえないということもあり得ますので、必ず申し込む前に選んだプログラミングスクールの転職・就職のあっせん条件にご自身が該当するのかを確認して下さい。

スクールの教師・メンターのスキルは十分か?

プログラミングスクールは、それぞれ独自の基準でメンターや事務スタッフをサポート役としていますが、一番気になるのはやはりメンターです。

メンターは、学生アルバイトのような社会人経験がないエンターよりも、現場で実際に自分自身が困ったり大変な思いをして開発した経験のある人がメンターとして教えてくれるプログラミングスクールであることが必要です。

理由は、メンターの持っているプログラミングに関するスキルはもとより、講師としての「教えるスキル」が低いと、教えてもらう側としては知りたいことを教えてもらえないというストレスが溜まり、結局なかなかプログラミングスキルが身に付かないということになりかねないからです。

そもそも、教えてもらう側である受講生は、「わからない」こと自体をうまく説明すること自体難しいのです。
それを踏まえたうえで、教える側おメンターが知っていること前提に説明を進めたり、「わからない」ことを説明できないことを叱責するようでは、メンターとしては失格です。
また、分からないからこそ質問しているのに「自分で調べて下さい」と一蹴するのも問題があります。

もちろん、自分自身で調べることは現場に出たら非常に重要です。とはいえ、分からないことを短時間で学ばなければいけない状況で、そのために受講しているプログラミングスクールで「調べて下さい」だけでは高いお金を払う意味がありません。

たとえば「こういう調べ方をしたらわかります」という説明ができるようなメンターのいるプログラミングスクールは、メンター自体も教育をしっかりしていて、そのようなスクールであれば短期間で実力をつけることが可能です。

転職・就職の斡旋先企業は選択可能か?

転職・就職を斡旋してくれるプログラミングスクールは、基本的にシステムエンジニアを欲しいという企業と提携しています。

そのため、その提携先企業の中から転職・就職先を決めなければならないという制約が発生するスクールもあります。

本来、転職・就職は自分自身の自由選択であるべきですが、選択肢があるにしても、ごく少数の限られた企業からしか選択できないとなると、自分の希望に合わないところに決めなければならない可能性もあります。

とはいえ、そのような選択肢に挙げられる企業は、割と有名な企業であったり大企業といわれる企業が多いため、お子さんの都合があったり、自宅から通いにくいといった特殊な事情がない限り、他の企業を選ぶのと同じようなレベルの問題であることが多いです。

おすすめの転職・就職に強いプログラミングスクール

CodeCamp

CodeCampは転職に力を入れており、そのために必要なスキルをしっかり学ぶためにあるプログラミングスクールという印象のあるスクールです。

CodeCampの転職支援では、専任のキャリアアドバイザーが付き、転職に必要なプログラミング知識だけはなく、あなたのキャリアを生かせる転職先を支援してくるため、これから転職したいと考えているエンジニアにとって一番おすすめのプログラミングスクールです。

転職先も有名企業や優良企業で今伸びている企業ばかりで、転職に関する相談もできるため安心して受講できるプログラミングスクールです。
どれほど転職に力を入れているかということについては、こちらの記事に記載しているので参考にして下さい。
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPVH1+D450R6+3GOM+674EP

TECH::EXPAERT

TECH::EXPAERTは、転職支援サービスのあるプログラミングスクールの中でも、年齢制限のない30代以上でも支援をしてもらえるプログラミングスクールです。

転職決定率も非常に高く、カリキュラムも充実しています。さらに、転職保障コースでは、転職できなかった場合は受講料を返金するという返金制度も用意してあるため、高い受講料に二の足を踏んでなかなかスキルアップが出来なかったり転職に躊躇しているような人には一番オススメできるプログラミングスクールです。

カリキュラムもリアルな開発現場を想定したチーム開発を行うため、自分一人では挫折してしまうようなことがなく、開発中の不明点をどんどん仲間で共有しながらお互いに協力しあって調べて解決するというのは、転職したときに大きな自信につながります。
TECH::EXPAERTの詳細や転職に関する情報は以下の記事に詳細を記載しています。
https://www.rentracks.jp/adx/r.html?idx=0.14442.253274.1633.4407&dna=64736

TechAcademy

20代に限定されているというネックがありますが、TechAcademyも転職に強いプログラミングスクールです。
TechAcademyはメンターのスキルが非常に高く、メンターはすべて現役システムエンジニアの中から選抜されたエリートエンジニアです。そのため、実際の開発で躓くようなポイントも丁寧に解説してもらえたり、実際の開発現場の雰囲気やリアルな体験も教えてもらえるため、これから転職しようと考えてスキルアップをする人にはお勧めです。

TechAcademyの転職支援は受講開始後からすぐにTechAcademyキャリアという無料サービスが利用出来、このTechAcademyキャリアに経歴やスキルを登録しておくと企業からのスカウトが届きます

転職に関する悩みについてはコンサルタントに相談することができるため、プログラミングを勉強しながら転職先の会社を探し、転職についても相談できるという環境が整っています。
TechAcademyに関する詳細の情報はこちらの記事をご確認下さい。
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPQR3+G6VN9U+3GWO+6GZCI

コメント

タイトルとURLをコピーしました