Mac? Windows?プログラミングの学習用ならどちらを選ぶべきか?プログラミングの学習に必要なパソコンの選び方

Mac? Windows?プログラミングの学習用ならどちらを選ぶべきか?プログラミングの学習に必要なパソコンの選び方 開発環境
Mac? Windows?プログラミングの学習用ならどちらを選ぶべきか?プログラミングの学習に必要なパソコンの選び方

プログラミング学習に最適なパソコンとは?

MacかWindowsのどちらを選ぶべきかというと、答えはMacです。
なぜプログラミングを学習する際に選ぶべきパソコンがMacなのかについて、詳しく説明致します。

プログラミング学習のためにMacを選ぶメリット

Macはプログラミングの環境が初めからそろっている

プログラミングを行うためには、開発環境を用意する必要があります。

この開発環境がなければ、開発自体が出来ません。例えていうなら、絵を描こうとするときに、キャンバスを用意しないと絵を掛けない、ということと同じです。

Windows系のパソコンでももちろん開発環境を構築することは可能です。ただし、初心者が開発環境の構築から始めるのはハードルが高すぎます。

先ほどの絵を描くときの例でいうと、Macであればキャンバスが用意してあるのですぐに描き始められるのに対してWindows系のパソコンは木を買ってきてキャンバスの枠を組み立てて、キャンバスの布地を木の枠に張る作業からしないといけないという状態です。

ある程度システム開発に慣れて、用語も仕組みも理解できた状態でWindows系のパソコンに環境を構築するところから学ぼうというのであれば良いのですが、これからプログラミングを学ぼうという人であればMacを撰ぶべきです。

iPhoneのアプリ開発はにはMacが必要

プログラミングを学ぶ目的の一つに「iPhoneアプリの開発」をあげる方いらっしゃいますが、その場合はMacでなければ開発できません。

iPhoneアプリの開発には「Swift」という言語で開発する必要があります。そのほかの言語ではMacアプリとして登録されません。この「Swift」は基本的にMacにしか対応していないため、iPhoneアプリの開発を行うにはMacが必須となります。

世界的にみると、iPhoneユーザよりもAndroidユーザの方が圧倒的に多いため、アプリ開発という意味ではMacを選択するのは無駄なように思われるかもしれません。しかし、何かアプリを開発する場合は、iPhoneアプリとAndroidアプリと両方を用意しておくのが一般的となっています。そのため、両方のアプリを開発するにはMacが必要となります。Androidアプリの開発はどうしたらよいのか?というご質問が出てくると思いますが、それについては次をご覧下さい。

WindowsをMac上で動かすこともできる(Androidアプリの開発も可能)

実は、Macの機能にはWindowsOSを仮想環境としてインストールできる機能が付いています。
つまりMac上でWindowsを動かすことが可能ということです。MacでありながらWindows系のパソコンとしても使用可能なため、Androidアプリを開発することもできます。
そのため、プログラミングを学習するのであればWindows系のパソコンではなくMacを選ぶべきということです。

プログラミングのためにMacを選ぶデメリット

購入時の費用が高い

Windows系のパソコンはメーカーも世界中にあり種類もたくさんある分、価格競争という市場原理からある程度価格が抑えられる傾向にありますが、Macはオンリーワンのメーカーのため、価格が高くなります。

パソコンの種類はそれなりにありますが、多いとは言えず、その限られた選択肢の中で購入するとなると、どうしてもWindows系のパソコンよりも購入時の費用が高額になります。

操作性が独特

はじめからMacのパソコンを使用している人にとっては特に問題はありませんが、会社ではWindows系のパソコンを使用していた人がMacを使用しようとすると、コマンドや操作性がWindows系のパソコンとは全く違うために、慣れるまでに非常に苦労します。

この操作性については、作業をするうえで意外とストレスになる部分で、Windows系のパソコンであれば簡単にできることも、Macではなかなか思いどおりに動かないといったことや、いちいちコマンドが違うために押し間違えてしまう、といった点が作業効率を落とす場合もあります。

ソフトウェアの種類がWindows系のパソコンに比べて少ない

先にも述べたとおり、Windows系のパソコンは世界中にメーカーがあり、シェアも圧倒的に多いため、開発されているソフトウェアの数もMacに比べて圧倒的に多いです。Windows系のパソコンでは使用できてもMacでは使用できないソフトウェアが多数あるため、ソフトウェアの観点からするとMacよりもWindows系のパソコンの方が有利です。

とはいえ、Windows系のパソコンで人気のソフトウェアに対しては、それに代わるMacのソフトウェアも開発されているため、基本的に作業をするうえで困るということはありません。

プログラミングに必要なパソコンのスペック(性能)は?

気を付けないといけないのが、パソコンのスペックです。
これから勉強を始める人にとって、高スペックのパソコンを購入するのは価格が高くなってしまうため躊躇してしまいます。

パソコンが高額だからといって、低スペックのパソコンを買ってしまうと、結局は開発が思うように進まないという結果を招いてしまいます。
そこで、開発に必要なスペックの目安としては、以下のパソコンをお勧めします。

ここにタイトルを入力します

ここにコンテンツを入力します。

【必須】
メモリ:16GB 以上
SSD(ハードディスク)  :256GB 以上
CPU:Intel Core i5 以上

解像度やオーディオのスペックについては、プログラミングの環境としてはあまり重要ではないため、そこまで気にする必要はありません。

基本的に最近のMacであれば必須事項のスペックの製品であれば解像度もオーディオもプログラミングをするうえで困ることはありません。

プログラミングにおすすめのパソコン

これからプログラミングを学ぼうとしている初心者にh一番のおすすめは「MacBook Air」です。

必要なスペックを備えており、価格も手頃、かつ学習の場が自宅でもスクールでもどこでも持ち運びができるため、こらからプログラミング用のパソコンを購入するのであれば、「MacBook Air」を選ぶと良いでしょう。

Apple Storeが近くにない場合でも、オンラインで購入可能です。その場合、スペックをさらにグレードアップすることも可能です。

Apple
Discover the innovative world of Apple and shop everything iPhone, iPad, Apple Watch, Mac, and Apple TV, plus explore accessories, entertainment, and expert dev...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました