【講師優秀】TechAcademy(テックアカデミー)卒業生が語る!転職やキャリア支援体制、カリキュラムについて、評判の真相を徹底解説

【講師優秀】TechAcademy(テックアカデミー)卒業生が語る!転職やキャリア支援体制、カリキュラムについて、評判の真相を徹底解説 TechAcademy
【講師優秀】TechAcademy(テックアカデミー)卒業生が語る!転職やキャリア支援体制、カリキュラムについて、評判の真相を徹底解説

TechAcademy(テックアカデミー)は講師が優秀

若手エンジニアはみんな密かに勉強中?TechAcademy(テックアカデミー)なら、時代の流れに取り残されずに周囲からも尊敬されるエンジニアを目指せます。

実際に受講した筆者の体験から、TechAcademy(テックアカデミー)をおすすめするポイントは以下の2点です。

  1.   豊富な選択肢から自分の興味に合わせていろいろ学べる
  2.  完全オンライン完結でどこにいても問題なし

この記事では筆者の実体験や口コミを交えて、TechAcademy(テックアカデミー)の評判や特徴を解説致します。

TechAcademy(テックアカデミー)の紹介

TechAcademy(テックアカデミー)の概要

TechAcademy(テックアカデミー)の設立は2009年で、プログラミング教育において10年以上の実績があります。プログラミングスクールの中では老舗と呼べる存在です。

受講生も多く、その実績は累計でなんと30,000人を超えています。そもそも、こんなにもプログラミングを勉強している受講生がいるというのは驚きです。やはりプログラミングに対する需要が増えており、自己研鑽に励んでいる方が多いことが分かります。

カリキュラム

TechAcademy(テックアカデミー)には全部で29に亘るコースがあり、今人気のRubyやこれからさらに伸びていくPythonといった言語まで幅広く取り扱っています。その中から自分の興味や関心のあるものを選択できます。

「ウケ放題」というコースが用意されているのも特徴で、これは全29コースの内15コースをどれでも24週間は無制限で受講できるというものです。

全29コースの中から代表的なコースとウケ放題の対象コースを、下記に挙げました。

カテゴリー コース ウケ放題対象
プログラミングコース
(全19コースを提供)
Webアプリケーションコース
PHP/Laravelコース
Javaコース
フロントエンドコース
WordPressコース
iPhoneアプリコース
Androidアプリコース
Unityコース
はじめてのプログラミングコース ×
ブロックチェーンコース ×
スマートコントラクトコース ×
Pythonコース
AIコース
データサイエンスコース
Scalaコース ×
Node.jsコース ×
Google Apps Scriptコース ×
Scratchコース ×
エンジニア転職保証コース ×
デザインコース
(全3コースを提供)
Webデザインコース
UI/UXデザインコース ×
動画編集コース ×
マネジメントコース
(全2コースを提供)
Webディレクションコース
Webマーケティングコース

学習形態は自習形式で、教材を読んで課題を制作していくというスタイルです。学習時間は基本的に1コース160時間が目安となっています。

通学形式

完全オンライン完結で、自宅にいながら勉強できます。プログラミングスクールの中には通学を前提にしているところもあり、その教室のほとんどが東京にあります。TechAcademy(テックアカデミー)では全てオンライン上で学べるので、地方在住の方にはお勧めです。

サポート体制

カリキュラムで躓いたところがあれば、現役エンジニアがメンターとしてサポートしてくれます。

一人ひとりに専属のパーソナルメンターが付いて、1回30分のメンタリングを週に2回実施してくれます。ここでは、学習の進捗を管理してくれたり疑問点を質問できたりします。

また、チャットを使用してパーソナルメンター以外のメンターにも質問をすることができます。このチャットの質問は毎日15:00~23:00までの間使えるので、普段の学習上の質問はこのチャットがメインになります。

料金

先ほど紹介した代表的なコースの料金を、下記の通りまとめました。基本的には学習期間に応じて上下します。

プログラミングコース、デザインコース マネジメントコース
4週間プラン 139,000円(学生109,000円) 119,000円(学生99,000円)
8週間プラン 189,000円(学生139,000円) 149,000円(学生119,000円)
12週間プラン 239,000円(学生169,000円) 179,000円(学生139,000円)
16週間プラン 289,000円(学生199,000円) 209,000円(学生159,000円)

〇ウケ放題コース:398,000円(学生248,000円)

TechAcademy(テックアカデミー)の特徴

メリット① 豊富なコースで自分にあったスキルを身につけられる

TechAcademy(テックアカデミー)の特徴は、何といってもコースのバリュエーションが豊富なことです。

全部で29コース用意されており、これは数あるプログラミングスクールの中でも随一です。使える言語を追加できれば、今後のキャリアを考える上でも役に立ちます。

例えば、今人気言語の一つであるRubyは食べログといった大手のWebサービスでも使われるなど、ゆくゆくはRubyがスタンダードになる可能性も十分あります。時代に取り残されないためには、これから伸びていく言語を今のうちから使えるようにしておく必要があります。

もちろんRuby以外にもPythonやブロックチェーンを学べるコースもあり、選択肢が非常に充実しています。これらの中から1つでも習得できていれば、周囲からの評価も高まったり転職の際に有利に働いたりするのは間違えありません。

メリット② メンターは全コース現役エンジニア

TechAcademy(テックアカデミー)の講師陣を務めるのは、現役でエンジニアとして働いている人のみです。そのため、どのコースを選択しても現場レベルでの知識や経験を伝えてくれます。

パーソナルメンターとのメンタリングでは、業界や実務上のことなどざっくばらんな話もできます。普段聞けないようなことをその道のプロから生の声で教えてもらえるのは、現役エンジニアがメンターを務めているからこそです。

また口コミを見ると、チャットで質問した際のレスポンスが早いということが多く指摘されています。これは受講していた筆者も常々感じていましたし、そのおかげで効率よく学習ができました。

メリット③ アウトプットを求められるので客観的にスキルを示せる

各コースともに最終的には何らかのアウトプットを提出するので、どんなことができるようになったか客観的にスキルを示すことができます。

転職の際には、制作物を通して自分のスキルをアピールする必要があります。現在作れるものに加えて、新たに学んだ言語の制作物を追加できれば、転職の際にも優位に立てます。

メリット④ 受講後からコンサルタントに相談ができる

TechAcademy(テックアカデミー)の転職支援には、TechAcademyキャリアという無料のサービスがあります。

経歴やスキルを登録しておけば、企業からスカウトが届いたり、転職に関する悩みをコンサルタントに相談できたりします。これは受講開始後すぐに利用できるサービスですので、自分の今後のキャリアが気になる方は気軽に活用してみてください。

メリット⑤ 始めやすい手頃な料金

完全オンライン完結ということもあり、料金はお手頃に設定されています。豊富なラインアップからコースを選択でき、現役エンジニアと話す機会があると考えればコストパフォーマンスは抜群です。

TechAcademy詳細

デメリット① 質問受付時間が短い

チャットで質問できる時間は15:00~23:00の間です。平日でも夜遅くまでやっているのはありがたいのですが、逆に土日に朝から勉強したいという人には物足りないかも知れません。

デメリット② 教材が初学者には難しい

口コミなどで教材が初学者には難しいという声が聞かれます。TechAcademy(テックアカデミー)では受講生に対し、自分で考えさせるようにしているのも理由の一つと考えられます。

デメリット③ 学習時間は目安にならないこともある

カリキュラムに各レッスンにかかる学習時間が書いてありますが、参考にならないこともあります。5時間と書いてあるものでも1時間で終わったり、逆に倍以上かかったりします。パーソナルメンターと相談しながら計画を立てるのが良いでしょう。

TechAcademy(テックアカデミー)評判

TechAcademy(テックアカデミー)の評判を、Twitterの口コミから確認してみましょう。悪い口コミも見られましたが、概ね高評価が目立ちました。まずは良い口コミから紹介します。

良い口コミ

サービスが終わってもカリキュラムが見ることができるので、ありがたいという声です。プログラミングスクールの中には、終了後は教材を閲覧できないところもあります。筆者もまだブックマークに保存しており、卒業後も何度か見返しました。


メンターがいるおかげで学習が捗っているという声です。やはり独学で学ぶには難しいですから、メンターのような講師がついてくれていると心強いです。

こちらはメンターの対応が早いという口コミです。学習がサクサク進めばその分効率よく学べますので、この点はやはりTechAcademy(テックアカデミー)で学ぶ利点です。

こちらの方は、TechAcademy(テックアカデミー)での学習がスキルアップに役立っていると実感しているようです。

転職支援のコンサルタントサービスについても口コミがありました。こちらは受講後すぐに無料で使えるので、一度試す価値はあります。

悪い口コミ

続いて悪い口コミです。

初学者にとって教材は意外と難しかったという声です。慣れない分野なので、どうしても難しく感じてしまうのでしょう。


人によっては丁寧と感じない指導をするメンターがいるという口コミです。


自学自習を重んじる風潮が、人によっては不満につながることもあるようです。これは筆者も一部共感したところです。とは言え、実際の仕事になると全てを懇切丁寧に教えてもらえるとも思えないですし、まずは自分で調べるという癖がつきました。

TechAcademy(テックアカデミー)の無料説明会・無料体験

もちろん無料説明会や無料体験もオンラインで完結します。無料体験では教材が閲覧できるだけではなくメンターとのやりとりもでき、本当に実際のカリキュラム通りに学べます

まずはここで一度試してみて、TechAcademy(テックアカデミー)がどんなところか味わってみましょう。判断するのはやはり自分の目で確かめるよりほかないです。これらは無料なので、せっかくならば一度行動に移してみましょう。

年齢を重ねるとどうしても保守的になりがちですから、新しいことを始めるなら今のうちからです。

TechAcademy無料体験

TechAcademy(テックアカデミー)のまとめ

IT業界は進歩も速く、そのため日々スキルを磨いている人が多くいます。IT業界の流れに取り残されてしまう前に、TechAcademy(テックアカデミー)で新たなスタンダードとなるスキルを獲得していきましょう。

TechAcademy [テックアカデミー] 福岡天神校
4週間でオリジナルWebサービスを開発できる福岡天神のプログラミングスクール。会場にいる現役エンジニアのメンターに毎日22時まで質問できるから挫折しない。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました